牛頭観音
Google
 
[イメージを足していったら、結構複雑で深いシステムになってしまいました。バグは相当退治したつもりですが、まだあちこちに巣くっているような気がします。
従いまして、β版として公表します。使って頂き不都合・要望等があればご指摘いただければ幸いです。尚、飼料高騰の折、本システムが経営改善の一助になれば管理者の本懐です。2008年8月31日]

使い方・注意点等

  1. 飼料原料(以下原料)の成分について。
    1. 分類と主要な成分は日本標準飼料成分表(2000)に準拠しています。
    2. MEとMP算出のための成分はCNCPSの原料マスタから上記成分マスタに近い原料の成分を参照しました。
    3. 上記にない原料成分はFeedstuffs2007年度版を参考にしました。
    4. TDN,MEの記載のない原料は下式で推定しました。
      1. TDN(DM%)=1.15CP%+1.75EE%+0.45CF%+0.0085NFE%^2+0.25NFE%-3.4。
      2. ME(Mcal/kg)=1.01*(0.0229*CP%+0.0349*EE%+0.0091*CF%+0.00017*NFE%^2+0.005*NFE%-0.068)/0.453592-0.45
    5. 新規の原料や飼料の登録について。ユーザー登録者のみ。
      1. 原料は管理者に一報いただければ登録致します。
      2. 配合飼料は、保証票の数値および分析値(なくても良いがあった方がベター)が必要です。管理者が配合割合を推定し(配合割合が既知であればその数値を利用します)、算出した成分と飼料名を原料マスタに登録します。
    6. 配合飼料の成分について
      1. 配合飼料の成分は、保証票に記載された数値、原材料名(科学飼料協会の飼料データベースを優先)および分析値(雑誌「飼料検査」の分析値を優先)から配合割合を推定し、このサイトで成分計算を行なった結果を使用しています。
      2. ビタミン、ミネラル等の微量成分はNRCに準じて、あるいは管理者であればこの程度添加するであろうと思われる量に設定しています。
      3. 表示されている飼料名や成分について不都合のある場合は管理者まで連絡下さい。
  2. 肉用牛の養分要求量;日本飼養標準2000を基準にしています。
    1. 交雑種雌牛;日本飼養標準では示されていませんので、交雑種去勢牛を改変し算出しました
  3. メール送信機能について
    1. レイアウトは携帯電話に送信することを念頭に作成しています。
  4. ファイルの保存期間等
    1. 作成したファイルは、アクセスポイントが同一であれば、最終更新後10日間閲覧できます。
    2. 10日間更新されないと削除されます。
    3. 作成したファイルはアクセスポイントが同一でない限り、第三者に閲覧されることはありません。
    4. 複数のファイルを保存することは出来ません。1アクセスポイント1ファイルです。
  5. その他
    1. 管理者が誠実でないと判断した飼料は予告無しに削除致します。
    2. 本システムのメール機能は適正に利用してください。
    3. 出力した成分や栄養バランスは、本時点における結果であって、動物の成績や健康を保証するものではありません。利用は利用者の責任でお願いいたします。
    4. 本システムは試験的に運用しています、本システムに関連した不都合があれば管理者に連絡下さい。但し使用者サイドのハードおよびソフトウエアーに関わるいかなる責任も負いません。
  6. 参考資料;東京からの都市間の距離
    1. 北京;2100:中国産の羊草、ビートパルプ、乾草ビール粕、大豆粕
    2. バンコック;4620:糖蜜
    3. マニラ;3000:糖蜜
    4. デリー;5850;インド産大豆粕
    5. バンクーバー;7560;カナダ産の原料
    6. シドニー;7840、オーストラリア産の原料、大麦、
    7. サンフランシスコ;8270、US産粗飼料
    8. シカゴ;10150、US産穀類
    9. リマ;15500、ペルー産ビートパルプ
    10. ブエノスアイレス;18370、アルゼンチン産マイロ
    11. アムステルダム;9300、アルファルファミール
 
 
飼料計算を行う

飼料給与体系を作る

【現在の利用者数】

【選択飼料ランキング】
【更新履歴】
■8月2日 ゼオライト 追加
■8月2日 重曹 追加
■8月2日 酸化マグネシウム 追加
■7月29日 なたねの実 追加
管理者用