サイバーファーム

■きのうの道具を使い、明日のあることを期待して、今日の仕事が出来るわけがない。

■良いアドバイスと悪いアドバイスの判断がつく人なら、アドバイスの必要はない。

■仕事こそ、人間が考えた退屈から逃れる最も簡単な方法である。

■最大の注意をひくには、とてつもない間違いをするに限る。

■行動の遅い人にはチャンスは待ってくれない。

■専門以外の分野には誰でも無知なものだ。

■あら捜しをするには、たいした才能や頭脳、人格は必要ない。

■仕事をやり遂げる最も確実な方法は、忙しい男に頼むに限る。彼なら秘書がやってくれる。

■あなたと意見を異にする人にも寛容であれ。彼らにも馬鹿げた意見を述べる権利はあるのだから。

■風を望む方向に吹かせることは出来ないが、望む場所に行けるように帆を調整することは出来る。

■知識人とはあなたと同じ意見をもつ人のこと

■良心があっても間違わないわけではない。良心があると面白くないだけだ。

■相手がラバでねえ限り、蹴り飛ばしてもどうにもなんねえ。

■うまくゆかない言い訳を政府に責任転嫁出来ない理由から、どの男も妻を必要とする。

■私は仕事が好きだ。仕事は私を虜にする。他人の仕事振りはいつまで見ても見飽きない。

■どんな複雑な問題でも簡単な解決策はある。しかしそれは恐らく間違っている。

■他人の失敗から学ぶこと。自分自身で全ての失敗を体験するには、人生は短すぎる。

■成功と失敗の違いは、打ちのめされた後に再び立ち上がるか否かにある。

■良い農場、良い牛群管理とは、普通のことを普通以上に行うことを意味する。

■悪い例を出すには老い過ぎてしまったとき、はじめて良いアドバイスが出来るようになる。

■小さなことを良くこなし、その積み重ねが成功を生む。

■正しい方向を向いていても、ただじっとしていれば轢かれてしまう。

■成功の道には、思わず入りたくなる休憩所が数多くある。

■収入の範囲内で生活する人は繁栄の邪魔になる。

■公衆の面前でほらを吹く男は、家庭ではいつも尻に敷かれる。

■あなたの存在に誰も関心がないと思ったら、車の返済を2回止めてみる事。

■成功と幸福への最大の敵は、失敗に対する恐れである。

■過去は忘れないためのものであり、再び生きるためにはない。

■完全なものが何もないよりは、何かに平均的なものがあるほうが良い。

■古い方法が間違いなのではなく、常に良い方法があるのだと考えるのが安全である。

■知識の欠如を隠すには沈黙が最高だ。

■話が安いのは需要より供給が上回るからだ。

■社会は知識の程度によって支払うのではなく、知識の範囲内で人が何をするかによって支払う。