マメ事典

1956年、群馬大学医学部の伊東俊夫教授によって発見された細胞。肝星細胞(hepatic stellate cell)とも呼ばれる。
この細胞は肝臓における脂肪とビタミンA(レチノールエステル)の貯蔵に関与している。脂肪の粒の中にビタミンAが溶け込んでいると言った感じ。似たような構造で、副腎皮質、精巣、卵巣のステロイドホルモン産生細胞にも同じような脂肪滴があるが、その中にはステロイドホルモンの原材料であるコレステロールを貯蔵しているという違いがある。
トップへもどる -NarashinoFarm 1999-2008- 前のページにもどる